カテゴリー: ヨガ

用賀でヨガのこと

img20080515_1_p.jpg

縁があって、用賀商店街の主催するヨガのクラス「用賀でヨガ」を手伝っております。

元々興味のあったヨガができるってことで、引き受けました。
なんとなく、このタイミングを逃したら、ヨガとも縁がなくなるだろうなと思ったりしたような、しなかったような……。

会場を掃除したりの準備・受付から片付けまで。ヨガも参加して。

受付をやっているので、参加者のみなさんと顔を合わせます。お名前もチェックします。
何度か来てくださる方だと、徐々に顔と名前が一致してきます。この瞬間って、けっこう嬉しいんですね。入り口を入った瞬間に、Aさんが来たとか、Bさんだなとかって。あと、Cさん、最近来なくなったなあ(あれ、合わなかったのかなあ)とか、Dさんが久々に来た!(仕事忙しかったのかなあ?)とか、勝手に人の心配をしたりしています。

生まれながらの人見知りのくせに、意外とこういうの好きなんだなあ。
そういえば、大学のときバイトしてた予備校の生徒とかとも、同じような感覚があったことを思い出しました。

2月19日の午前も、お試しでヨガのクラスをやりますので、そんな受付っぷりを見ることができます。
木曜の午前にもヨガ!-用賀でヨガ   <<用賀商店街が主催する健康ヨガ!>>

あと、ヨガマットなどもそろそろ追加購入したい年頃です。
ヨガワークスの取扱店登録なんかもしちゃってるので、何か欲しいものがある人は一緒に仕入れましょう。

ヨガのフォント

20090204.gif

ヨガのアーサナがフォントになっています。上のはYogaism。けっこう好きです。

Font: Yogaism | Manfred Klein 2007

YOGAFONT.CO.UK

チラシなど、いろいろ使えるんじゃないかと思います。こんな風に紹介して、広まってきちゃったら、種類も少ないので、カブる可能性大ですね。
特にYogaismは日本では知られてない感じなので(=検索エンジンで出てこない)。

フォント以外にも、アーサナ以外にも、ヨガっぽいグラフィック系ネタもあるので(そんなにないけど)、徐々にお知らせしていきます。

ヨガは痩せるのか?

20090131.gif

今朝、寝起きにぼんやりしながら、着替えていて、鏡に映った身体を見たら、何だか変わった気がした。
ちょっと締まっているような、ちょっと筋肉質っぽくなっているというか。
昔っから筋トレの類いが大嫌いだったりで、筋肉のない上半身だったのが、薄らと胸に筋肉がついたような感じ。
あと、腰回りに付き始めた肉たちが減り始めているかも。

生活面で変わったことと言えば、半年強、一週間のうち2,3日(時間的には計3〜4時間)行なっているヨガ。
食生活は暴飲暴食の日々だし、やっぱヨガの効果かなあ?

体重自体は変わってないけど、筋肉質になってきたと思えば、体重は減らないのか。
これから代謝とか増えて、痩せてくるのでしょうか?

ただ、あんまり痩せるということにこだわらず、無駄のないバランスの取れた身体に、そして心になれると良いなあと思います。

毎朝、スリア・ナマスカーラぐらいやろうかなあ。(やっぱ単純に痩せたい気もある)

締め

20090129.jpg

今日のラスト、サルワーンガアサナ(肩立ちのポーズ/サランバ・サーヴァンガアサナ?)からハラ・アーサナ(鋤のポーズ)。

いつも以上に効いた気がします。今日は全体的に身体の感覚が違ったような。

気軽に毎日3分ヨガ。 : 壁を使って肩立ちのポーズ♪
鋤のポーズ(ハラ・アーサナ)で首・肩ストレッチ – アキバ系OL うちこのヨガ日記

写真は、愛犬レイア(実家にいる)。名前はもちろんスターウォーズのレイア姫より。

ヨガ DVD

889895126_60.jpg

家でもやってみよう!ということで、いくつかヨガのDVDを持っています。

「健康になるヨーガ」

4,5年前に、ヨガをやってみようと思った時に買ったもの。番場一雄さんの体つきが、ハタヨガの真髄のアイアンガーさんの身体に似ています。
佐保田鶴治→番場一雄という流れの日本ヨーガ光麗会は、番場裕之さんが継いでいます。最近、親しみやすそうなヨーガスートラの解説本も出してますね。

今思えば、渋いところから入りました。青山一丁目のNHK文化センターでやっていて、土曜の昼に青山でランチでもしようという魂胆でした。男は僕一人で、女性は幅広い年代の方が来てました。

青山まで行くもの面倒になったりで、3ヶ月で終了。
その後はヨガはやらず、何もやらず、酒を飲み、飯を食い、2008年の6月に至るわけです。

そして、2本目。
「おうちヨガ SHIHO meets YOGA」

あ、とりあえず話のネタになるかなと、2008年10月頃に購入。
アシュタンガヨガとかパワーヨガとかやったことがなかったので、始めはキツかった。SHIHOをなめてた……。でも、今は一応、大丈夫。
通してやると気持ちいいです。

で、3本目。
「Beauty YOGA 2 by Mae Yoshikawa [DVD]」

アシュタンガヨガってのは、どんなもんじゃいと思って買いました。中古。
プライマリーシリーズの半分までだそうです。これで半分か! プライマリーシリーズの先もあるのか!
うっかり何も知らない人がこれを買って、吉川めいさんのように動かないといけないと思ったら、何じゃこりゃ!ムリムリ!な世界なのでしょうね。良かった、多少やってて。ジャンプバックとか珍しいので楽しいです。できてないですけど。

このおじさんぐらいできるように頑張ります。
ASHTANGA JUMP BACK in The Primary And Intermediate Series

日本語と英語とサンスクリット語が混じっているのか、何を言っているのかよくわかりませんが、それはそれで本気っぽくて?面白いと思います。(サンスクリット語でカウントしているのですね
最後にヨガとの出会いなどを語ってます。

以上、手元にあるDVDでした。
モデル系のばっかり集めているのは(集めているわけではないけど……)、モデルが好きだからです。二人とも、声・話し方が特徴的。

金融危機の時代にヨガが人気 | 世界のこぼれ話 | Reuters

だそうです。

沖正弘のLove&Peace

20090124.jpg

ヨガとは愛の心を持って愛の行為を実行することです。

沖道ヨガ in 溝の口佐藤松義先生から、沖ヨガの創始者沖正弘先生の本「真智聖愛 – ヨガによるやすらぎ、やわらぎ、わらい -」をお借りしました。

まだ、まえがき、序章、一章しか読んでいませんが、とてつもないLove&Peaceにあふれた本なのではないか!と思いながら、読み進めています。

「これが真実である」という「信」が次々と私の中に生まれてきたのであった。

言葉にまったく迷いがないというか、まさに沖先生の「信」が書かれていて、スーッと読むことができます。

ただ、僕が本当にこの言葉を理解しているかというと、まったく自信がないですが(わかっていたら悟っていますな……)。まずは自分でいろいろ体験しないとですね。

途中まで読んだだけで「手元においておきたい一冊」になっておりますが、入手は困難なようです。古本屋をあたるか。

*

20090127読了。

沖道ヨガによる心身修正法 痩身健康編

佐藤松義先生が「予防医療としての総合ヨガトレーニングコース Part1 〜沖道ヨガによる心身修正法 痩身健康編〜」というのをやるようです。

ヨガだけじゃなく、ピラティス、整体、カイロプラクティック、気功、その他健康法などなどに興味のある人にも面白いんじゃないかと思ったりします。素人考えで、繋がりがありそうな感じをしていますが、どうなのでしょうか?

味噌が出てくる

20080315-06.jpg

今日は去年の3月に仕込んだ味噌を蔵から出すとのことで(そしてまた味噌作り)、行きたかったのですが、残念ながら。
味噌作りの様子はMIZO生活 – 味噌づくりで。

今日は友だちの結婚パーティに行くので、というかパーティは夜なので、昼間の結婚式の間に、用賀でヨガを開かないといけないのだ! 味噌より友だちを選んだというわけです! えらい!

用賀でヨガはこのレポートがわかりやすいです。
用賀でヨガ。〜用賀商店街が主催する健康ヨガ!〜 へ行ってきました – アキバ系OL うちこのヨガ日記

「秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ」

沖ヨガで、ツボの話などを聞くようになって、興味が出てきた。

マルマという急所とヨガのアーサナの関係がわかる本。アーサナの名前の意味などもわかって面白い。
ちょっとずつ意識しながらできたら良いなあと思う。アーサナやチャクラの名前が覚えられない……。

空海とヨガ密教

沖道ヨガで、「ヨガ=密教、真言=マントラ」という話を聞いて、「そもそも密教って何だろう? そう言えば、空海とかって密教だったよな」と思い、調べたら出てきたのが、この本「空海とヨガ密教」。

仏教についてもよく知らないので、再読の必要があるのですが、「瑜祇経(ゆぎきょう)」の話とか、とっても興味深いです。
日本でのヨガの歴史を知ることができます。古くからお坊さんたちがやっていたのですねぇ。

上座仏教(小乗仏教)の密教はルーシーダットンだとか、ヒンドゥーの密教(ヒンドゥー・タントラ)の行法の一つが「ヒンドゥースクワット」という名で簡略化されて、FBIから森光子へ伝わったとか、マメ知識も書かれています。

全体像が掴みきれていないので、もう1回読みます。

ハタヨガの真髄

20081126-01.jpg
アイアンガー先生の本を借りてきた。

ヨガについての説明から始まり、アサナが写真入りでたっぷり載っていて、ヨガの多様さを思い知ったわけです。アサナもすごいのですが、ウッディーヤーナ・バンダの写真(↑)に驚きました。
お腹がここまで引っ込むのか!
これを良い指導者の元で実践し続けると若返るそうです。

ウッディーヤーナは「飛び上がる」、バンダは「束縛」「一緒につなぎ合わせること」「足かせ」「つかむこと」などの意味。

本の内容はすごいですが、説明と写真の対応がページをまたがっていたりで、見るのがちょっと大変。再編集されないかな。