TSの日常の話

Category

ベビーカーおろすんジャー活躍の裏で

ベビーカーおろすんジャー参上 階段しかない方南町駅 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース ベビーカーなどを運ぶのを手伝うために、ここまでやる行動力はすごいなあ。 いちいち着替えるの面倒だから、近くにいる人がやればいいのにね。 しかし、上げたり降ろしたりの手伝いを日常的にやっている僕としては、こういう活躍?がニュースになってしまうと「あの人、おろすんジャーの真似してる」的な視線 […]...

男の日傘選び編

さて、日傘をさそうと覚悟を決めてものの、 どんな日傘を使うか。 僕もゴールデンウィークあたりから少しずつ、さまざまな店の日傘売り場や、セレクトショップの日傘をチェックしてきました。 また、インターネットでも検索して、ネットショップもたくさん探しました。 でも、なかなかコレというのがないんですよね。 そもそも、女性用がほぼ100%な世界。 男性用日傘というのもあって、シンプルと言えばシンプルで良いの […]...

男が日傘をさしても大丈夫

こうも暑い日が続くと、暑さ対策を考えなければというわけで、今年は日傘を導入しました。 男の日傘。 ここ数年でしょうか、ちょっとずつメディアなどでも取り上げられていますが、実際に使っている人はごくごく少数。僕も実際に使っている人は1人(NHKのアナウンサー)しか見たことがありません。 Twitterを見ると、「男が日傘をさしたら終わり」とか「男が日傘なんて気持ち悪い」というツイートも散見されますし、 […]...

オトナ婚です、わたしたち: 十人十色のつがい方

「オトナ婚です、わたしたち: 十人十色のつがい方」という本を読みました。 10組のカップルの暮らし方・生き方・関係性を女性側から語った本。 1組女性同士だったから、カップルの一方から語った本というのが正確か。 なので、タイトルの「わたしたち」というのは、カップル単位ではなく、語った10人の一方のお話ということ。 「結婚って何だろう?」と思ったことのない人には、きっと新鮮な本。 こういう形、暮らし方 […]...

お花見で熱燗。モーリアンヒートパックで。

火の使えない場所で、花見で温かいものを食べたい、飲みたいということで。まあ、とりあえず燗酒なんですけども。 家で燗付けて持っていったり、ポットにお湯を入れて持っていったりするのもありなんでしょうが、モーリアンヒートパック Lサイズ発熱剤×3個+加熱袋(L)1枚入りというものを見つけまして。 お酒は、川西屋酒造店さんの丹沢山 秀峰です。溝の口 坂戸屋さんで購入。 ひとまず家でテストしてみました。コー […]...

カキのチーズグラタン

川津幸子さんの「100文字レシピごちそうさま! (新潮文庫)」から、カキのチーズグラタン。 ホワイトソースを使わずに、生クリームにグリュイエールチーズを溶かして、カキにかけて、焼くだけという簡単グラタン。 チーズフォンデュなどに使われるグリュイエールチーズはなかなか売ってないかもしれませんが。 カキだけだと寂しい気がしたので、マイタケを入れました。 カキのチーズグラタンはこれに載ってました...

主夫

「このところ、葉物野菜が高いよな」なんて話ができる主夫友が欲しい今日この頃。 21世紀の「ふつうの」仕事に「主夫」が取り上げられました。 ほぼ日刊イトイ新聞 21世紀の仕事!論 主夫篇 新聞社を辞め「主夫」となった荒木さん。 「特捜部まわり」と同じくらい大変だった主夫(婦)の仕事について聞きました。 http://www.1101.com/21c_working/araki/2013-02-06. […]...

Mac用 地デジキャプチャー「m2TV (GV-M2TV)」でiMacをテレビ化

I-O DATA Mac専用 USB接続 地デジキャプチャー 「m2TV (GV-M2TV)」を買って、iMac(Mid 2007/OS Lion/メモリは最大の4GBだと思う)を、テレビとして使うことにしてみました。 とりあえず、設定などは全体的に簡単でしたが、すんなりとはいかなかった点も。 ●はじめに、エリア設定でのチャンネルスキャンで、電波が弱いみたいなエラーで読み込みませんでした。 →m2 […]...

2月3日と節分

2月3日が誕生日です。今年も無事に迎えることができました。ありがとうございます。 さて、2月3日は、川合俊一の誕生日でもありますが、世間一般には「節分」ということで認知されております。 僕も「2月3日の節分生まれ」として生きてきました。 しかし、なんと僕が生まれた年の節分は2月4日だったようで、僕は節分生まれではありませんでした。 誕生日が節分ということに、ちょっとした愛着を持っていただけに、これ […]...

DAYS JAPAN創刊号を見て、自分を振り返る

DAYS JAPANの創刊号(2004年4月)。創刊のことばを見ると、イラク戦争で自衛隊が派遣されたと書かれています。 表紙には「人々の意志が戦争を止める日が必ず来る」 ちょっといろいろ思い出したので、こっ恥ずかしめな文章になりそうですが、書いておきます。非常にどうでもいい話です。ブログに載せるような話ではないかもしれないけど、晒しておきます。...