カテゴリー: 政治・社会

ベルトコンベア大臣

鳩山法務大臣が死刑執行について「法相が絡まなくても自動的に進むような方法を考えたらどうか」と言っていた。ベルトコンベア発言。

法相が絡んでも自動的に(=鳩山曰く、粛々と)進んでいる。

恐怖政治。

少年犯罪データベースドア:通り魔事件の映像

少年犯罪データベースドア:通り魔事件の映像

三丁目の夕日のころ、石原慎太郎が「太陽の季節」を発表したころ、櫻井よしこが思春期を迎えたころ、通り魔は毎日のようにあったみたいです。

少年犯罪データベースドアのリンクで、朝日ニュース昭和映像ブログを知りましたが、ちらっと見ただけですが、すごい。
今日の1本 「特集・血塗られた安保条約」 – Vox

樺(かんば)美智子さんの映像もありました、、、。

日本人として当然の考え方

asahi.com(朝日新聞社):法相「命奪う人にはそれなりのものを」 秋葉原事件受け – 社会

鳩山法相は9日、東京都内であったパーティーでのあいさつで「私が粛々と死刑を執行させていただいていることを『司法的殺人』と書くマスコミもある。それは違う、人の命を大切に思えばこそだ」と述べた。そのうえで東京・秋葉原の無差別殺傷事件にふれ、「昨日も大事件があったが、人の命を奪うような人にはそれなりのものを負ってもらおう。それは日本人として当然の考え方だと思う」と、死刑制度の必要性を訴えた。

日本人として当然ってのが謎。

Read more

国連大学前で、ビルマ人たちが抗議

打ち合わせで、表参道に行った。
国連大学前を通り、待ち合わせ場所に向かった。

雨の中、ビルマ人たちが抗議行動をしていた。こんな感じで。

世界・「スー・チーさんを解放せよ」在日ビルマ人が抗議の声

ガソリンが高くなったせいか、電気自動車の話題がチラホラ。
電気自動車に接する機会が多かったので、知識的にはけっこう前を行っていることに気がついた。みんな、知らないのね。エンジンの音なんてしないよ。

例えが意味不明

自民党の伊吹文明幹事長は13日午前の記者会見で、同党の中川秀直元幹事長が消費税などの増税に反対していることに関連して「(今の時代は)お殿様は国民だ。国民が使っているものに年貢が追いつかない場合は、国民が年貢をもう少し増やすのは当たり前のことだ」と述べ、税金を「年貢」と例えて反論した。

こっちはよくできています。
「お殿様への年貢増やすの当然」伊吹幹事長、みずから私財投げうち国民に : bogusnews

スタバには極力行かないことに

イルコモンズのふた。 : ▼おいしかったコーヒーの真実で、こんな映画を知りました。

映画『おいしいコーヒーの真実』公式サイト
YouTube – 映画「おいしいコーヒーの真実」予告編

こんな具合だということを感じていながら、「禁煙地帯だから」と言い訳をして使っていましたが、このところ止めています。
スタバで売っている「フェアトレードコーヒー」もありますが、それ以外はコレなのでしょうか?

ってか、家で飲んでるコーヒーなども見直しが必要。

しかし、不買で打撃を被るのは、生産者だったりするので、複雑。オルタナティブを作っていく(間接的にでも支援していく)しかないか。
Read more

立ち上がらなかったら善光寺さんも

善光寺さんが聖火リレーのスタート地点になるのを止めようとしています。

しかし、チベットの人たちが立ち上がらず、ちょっと過激かもしれないけど、世界中の「人権」を守ろうとしている人たちが抗議行動を起こさなかったら、善光寺さんはきっと北京オリンピックの聖火リレーのスタート地点になっていたでしょう。そんなわけで、仏教もいろいろあるけれど、善光寺さんもその程度のものだったのだなあ。

ということで、立ち上がることは必要です。

が、暴力はいかん。
抑圧者たちの圧倒的な暴力に抵抗する手段は非暴力ですと言いきりたいが、我々にできることはインティファーダ程度の暴力なのだなと思うと、ダライ・ラマ法王猊下や亡きマハトマ・ガンディーにどうしたらいいのでしょうと教えを請いたい。

さて、ビルマは今どうしているだろう。

2007年 10の最も報じられなかった人道的危機
2006年、10の最も報じられなかった人道的危機
Read more

個人と国民の関係を考える

薬害C型肝炎やら、死刑のことやら、国家に殺される(かもしれない)ということを肯定する人がいるみたいで……。それも公共の福祉か?

社会の前に個人じゃないの。

「空気読みすぎ」な人が多過ぎて、政府もしてやったり。