印象派

BRUTUSPenで、印象派の特集です。

とりあえず、買っておいてと頼まれたので、買っておきました。
まだ開いてません。

印象派 – Wikipediaによると、

印象派とは、ヨーロッパの絵画界を中心とした大きな芸術運動である。19世紀末から20世紀初頭にかけて発生した。写実主義から抽象主義への変化の、初期段階であると考えられている。その後の芸術全般に大きな影響を与えている。
印象派の絵画はそれまでの写実主義の絵画に比べると、主題が強調される一方、写実性に乏しい。写実性に乏しいとは言うものの、抽象画と違って、何が描いてあるか分からないほどではない。それまでの写実主義の絵画と違い、色彩の鮮やかな作品が多く、人気の理由の一つになっている。

国立新美術館のオルセー美術館展(2010年5月26日-8月16日)はポスト印象派の作品が観られるようです。

森アーツセンターギャラリーのボストン美術館展 西洋絵画の巨匠たち(2010年4月17日(土)〜6月20日(日))は、もうすぐ終わり。

コメントを残す