渋谷のBunkamura シアターコクーンで、「2人の夫とわたしの事情」を観てきました。
ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品は、KERA・MAP #005『あれから』以来、2度目。

松たか子のコメディ、いいですね。役柄もありますが、突き抜けて、松たか子の魅力全開でした。
そして、舞台での渡辺徹を初めて見ましたが、キャラも活かしつつ、存在感がありました。

もっと芝居を観に行きたいなあ。頻繁に行けると良いのだけど。

コメントを残す