縁があったのだが、ご存命のときに岡島瑞徳さんに触れることはなかった。
今になってみたら、なんともったいないことを。

しかし、あの頃はまだそのタイミングではなかったのだろう。

コメントを残す