asahi.com(朝日新聞社):法相「命奪う人にはそれなりのものを」 秋葉原事件受け – 社会

鳩山法相は9日、東京都内であったパーティーでのあいさつで「私が粛々と死刑を執行させていただいていることを『司法的殺人』と書くマスコミもある。それは違う、人の命を大切に思えばこそだ」と述べた。そのうえで東京・秋葉原の無差別殺傷事件にふれ、「昨日も大事件があったが、人の命を奪うような人にはそれなりのものを負ってもらおう。それは日本人として当然の考え方だと思う」と、死刑制度の必要性を訴えた。

日本人として当然ってのが謎。

しかし、「犯人」に関する報道というのは、「犯人」が危険で悪い人間であるとの印象を強めるようなものしかないね。相変わらず。

対して、ブログは。マスコミでは書けない「トヨタ」のことも書けちゃう。

天漢日乗: 秋葉原通り魔殺傷事件(その6)容疑者は日研総業の派遣社員で裾野市にあるトヨタグループの関東自動車工場勤務 6月一杯で辞めるよう通告を受ける

彼の苦しみを無視するな-ソウル・ヨガ(イダヒロユキ)

コメントを残す