9月ぐらいから体が丸くなってきている。手持ちのパンツが微妙にフィットしてきた。ちょっとキツい。
そんなわけで「体重が減るまでの繋ぎ」用にパンツを買いに出かけた。あくまでも「繋ぎ」、セットアッパーだ。

手頃な値段のものをひとまず試着しようと、ワンサイズ上のものと、念のため2サイズ上のものを持って、試着室へ。
タイトめのシルエットだったので、ワンサイズ上のものはちょっと厳しいかなあと思っていたら、やはりダメ。2サイズ上になっちゃったかなんて思いながら、続けて試着。

む、これもダメだ……。

パンツのシルエットにも依るのだけど、成長が止まってから、サイズがほとんど変わったことがなかったので、かなりショックだった。

セットアッパー・パンツに、3サイズ上を買うのは、小さなプライドが許さない。6回途中から岩瀬を投入するようなものだ。

先発を続投しよう。ダルビッシュの連投もありだ。(最近野球見ないから、よくわからんが、日本シリーズな感じで、Dの岩瀬とFのダルが思い浮かんだ)。

そう判断し、何も買わずにお店を後にした。

飲酒は鋼の意思をもって、控え目に。
中古のビリーズブートキャンプ、お持ちの方がいらしたら、引き取りますよ。

一番近くのコンビニエンスストアで、一時期、生鮮野菜を取り扱っていた。レジ周りにスーパーマーケット並みに野菜や果物が並んでいたのだけど、気がついたら、全くなくなっていた。

伊集院光「のはなし」を購入。
「伊集院光のOh!デカナイト」から伊集院ファンなので。

「美しい国へ」の第一章を読むが、おじいちゃん大好き!ということがまずわかった。

コメントを残す